岡崎市|スポーツ障害・鍼灸・整骨・美容鍼 |HIWA鍼灸・整骨院

電話番号070-1618-1177
メニュー

ブログ

  • いろんなお悩み
  • いろんなスポーツ
  • いろんな人生・症例報告やあれこれ
2020/11/28

トレーニングをボーと眺める岡崎の鍼灸整骨院

岡崎市の北岡崎駅付近でスポーツやトレーニング

スポーツ障害・交通事故に特化した

ケガの対応・予防をするならHIWA鍼灸整骨院へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エクササイズ 運動 スポーツ メディスン 鍼灸整骨院 接骨院 鍼灸

陸上 駅伝 美容鍼 交通事故 自賠責保険 リハビリ スポーツ鍼灸 妊婦 産後骨盤矯正 北岡崎駅 整骨院

 

「人々はアイディアの価値を過小評価している

それは足し算されるのではなく、

掛け算されるのだ」

 

 

 

昨今の競技スポーツは監督さんや学生が

専門競技以外にも

トレーニングやセルフケアの

知識をしっかりと身に着けるので

学生自体でも非常にレベルが上がっています

 

それは前提と考えて

トレーナーとして女子高校生のトレーニングを

見てきて

10年前と今の違いで感じたことを書いてみようと思います

 

 

①身体の重さ

中学生の時に強いと言われてた子の動きが

明らかにスローペースになっていたことです

( 現代の食事とか成長の早さとかを

ふまえて書こうかと思いましたが

私は専門外なので割愛します )

 

 

技術はあってもそのテクニックを活かす

土台の身体の強さが無ければせっかくの技術も発揮できません

 

どこの学生も一生懸命やってるはずですが

本人たちは成長による

俊敏性の低下に気づいてないと思います

大人が思ってる以上に

自分が思った通りに身体を動かせる

高校生の女の子は少ないと感じました

気になった個所の2個目になります

 

体つきを見ていて感じるのが

今の高校生の女の子は胸や胴回りが分厚いのに対して手首や

腕の太さが極端に細い

そこで出る疑問が

 

②腕立て伏せが正しいフォームで

50回以上出来る子は何人いるのか?

( 反復練習を黙々とこなせるか )

多分指導される先生方や講師の世代の方は

学生時代スパルタにしごかれて

ぼこぼこにされ

倒れそうになるくらい走らされて

そんな方は少なくないと思います

まあ、ここまでくると

半分以上意味ないことのが多い気がしますが、、、(笑)

 

ですが

高校生の子が基礎的なトレーニングを

自分の身体を反復させて

正しいフォームで追い込むことは

その子にとって必要な部分が必ず見えてきます

トレーニング中のケガはご相談ください(‘ω’)

 

タグ: , , ,

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲垣 亮平

<保有資格>
・鍼灸師
・柔整師
・NASM-PES (スポーツパフォーマンススペシャリスト)